◆福祉経営綜合研究所(ふくしまる)のセミナー

 2015年4月、介護事業者は大きな転換点を迎えます。要支援者の地域支援事業への移行へ向けて各自治体が舵を切ります。2年の猶予期間はありますが、新地域支援事業への移行は着実に進みます。

 制度ビジネスである介護事業は、国の政策によって経営面に大きな影響がでます。

 そのようなビジネスこそ、先の経営を読んだマネジメントが必要になります。

 行き当たりバッタリの人材採用、育成より計画性のある人材計画が必要です。

 また資金面においても、次の展開を予測した資金繰りが必要になります。

 

 福祉綜研には、弁護士、公認会計士、司法書士、税理士、社会保険労務士、など財務、労務、法律の専門家がいます。

 また福祉・介護の現場の経験が豊富な、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネジャー、看護師などのプロがいます。

 今回のセミナーでは、福祉綜研の会員が現場で見てきた「強い事業所」「選ばれる事業所」の共通した特徴をご紹介します。

『現在受付中のセミナー』

 会員懇話会(介護業界・異業種交流会)

      『介護現場の業務効率化に向けた課題をあぶりだす

       開催のお知らせ!

  

    今月より会員の方を中心に、介護経営についての各種テーマで話し合いや交流を

   はかる「福祉綜研会員懇話会」を開催していきます。

    今回のテーマは『介護現場の業務効率化に向けた課題をあぶりだす』です。

   介護現場の業務が複雑化しています。その対策として業務の見直し・効率化が

   介護現場にとって重要となります。その課題を介護現場から顕在化し、異業種の方          も交え意見交換し答えをさぐります。

 

    ご興味ある方がおりましたら会員様といっしょに是非ご参加ください。

 

 【日時と会場】 2016年7月14日(木)15時~17時 会員:無料

       愛知県名古屋市緑区南大高2丁目701番地

       南生協病院 よってって横丁2階 セミナールームおよびCAFE APERI 

 

会員企業は、下記セミナーを1企業あたり原則3名まで参加できます。

(満席の場合制限をさせて頂くことがございます)

 会員特典としてセミナーの模様を収録したDVDを進呈しています。

事業所づくり

 「これからの介護福祉経営に必要な人材づくり」

 「新人職員、中堅職員の教育が事業未来を変える」

 「ファンづくりが上手い介護事業所のマネジメント手法

   「介護事業はPDCAの意識と実践で差がつく」

 「ケアマネジャーから見た好かれる事業所の特徴を知る」

経営支援編

 「介護事業の経営支援のポイント」

 介護保険事業外サービスを活用した安定経営を目指す」

 「絵に描いた餅にしないための経営計画策定&運用のツボセミナー」
 「事業承継の最適解を探す中小企業のための事業承継セミナー」

 「介護施設の事業承継策 MAで事業継続」

生活支援編(家族・利用者向け)

 「施設が知っておくべき利用者の生活支援とは(財産管理・遺言・相続など)」

 「これからの高齢者社会を見据え、お年寄り向けの財産管理をマネジメントする。」
 「認知症700万人時代到来の前に、今、出来ること、やるべきこと。」
 「生命保険には加入するのになぜ遺言はしないのか?」

今後の展開編 

 自分の施設の価値はいくら? 施設売却検討の可能性」
 「医療観光 メディカルツーリズムの地域実践」
 「異業種からのヘルスケア分野への参入可能性

 介護事業・介護機器 アジア展開の注意点」

 「中国の介護市場の可能性と攻め方」

【実務編】

 「減算を防ぐためのケア記録の書き方」

 「実地指導は事前対策が大前提。その対策のポイントは」

 「利用者、家族、職員との円滑にはケア・コミュニケーションを活用しよう」

 「求められるレクリエーションのあり方と実践方法を学ぼう 


◆お問合せ先

ふくしまる事務局 (株式会社シンクアクト内)
〒477-0034 愛知県東海市養父町1-7 テイガンⅢ202号
TEL 0562-85-9986 FAX  0562-85-9987
E-mail info@fukushimaru.jp